日本語 | English
lang-tech.net
 
lang-tech.net
 
住 政二郎(すみ せいじろう)

関西学院大学 理工学部 准教授, 博士(外国語教育学)。東京都立大学大学院人文科学研究科,関西大学大学院外国語教育学研究科,姫路獨協大学医療保健学部,流通科学大学 商学部を経て現職。

e-mail: seisumi[at mark]lang-tech.net

Sei Sumi
Associate Professor in School of Science & Technology at Kwansei Gakuin University. He received M.A. from Tokyo Metropolitan University and Ph.D. from Kansai University.

e-mail: seisumi[at mark]lang-tech.net
 
news
12345
2018/01/08

講演

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
講演を行いました。

関西学院大学言語コミュニケーション文化研究科公開セミナー(講師)「CALL研究を考える:ひと・もの・ことの視点から」関西学院大学梅田キャンパス(2018.1.6)
21:19
2018/01/06

論文

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
論文が発行されました。

Sumi, S., & Miyazawa, Y. (2017). Application of the Graded Response Model of Item Response Theory to Computerized Dynamic Assessment in L2 English Education. 
The Journal of Information and Systems in Education, 16(1), 18–25.

LINK
14:46
2017/12/14

学会発表

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
学会発表を行いました。

住 政二郎・工藤 多恵・乗次 章子・山脇 野枝(2017).「Automated Test Maker の開発と英語教育への応用」 大学ICT推進協議会 2017年度 年次大会(2017.12.14 広島国際会議場)
21:56
2017/10/30

講演

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
以下の講演を行いました。

第46回 日本言語テスト学会(JLTA)研究例会/第4回中部地区英語教育学会(CELES)近畿地区研究会

Computerized Dynamic Assessment (C-DA): Learning Possibility Scoreと指導への応用
(2017.10.28,桃山学院大学2号館302)
13:26
2017/10/27

教科書

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
教科書を発行しました。

English Stream: Pre-intermediate (2018)


18:47
2017/09/16

学会発表

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
以下のとおり学会発表を行いました。

住政二郎・大西昭夫・宮澤芳光・山田一美・山脇野枝「到達目標型大学英語教育を目指した CAT の開発」日本教育工学会 第33回 全国大会(島根大学松江キャンパス)講演論文集 pp. 247–248(2019.9.16).


15:13
2017/09/13

FD講演

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
以下のとおり講演を行いました。

2017年(平成29年)度夏季専任教員研修会(FD)(京都外国語大学・京都外国語短期大学主催)講師「到達目標型大学英語教育を目指して—理工学部を事例に 」琵琶湖ホテル(2017.9.13)
20:16
2017/08/25

教育システム情報学会

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
教育システム情報学会で発表を行いました。

住 政二郎・ドーマー ロバート・山田 一美・デイヴィス 恵美・海老原 由貴・和泉 緻香・工藤 多恵・乗次 章子・山脇 野枝 (2017.8.25)「到達目標型大学英語教育を目指したATMの開発と応用」教育システム情報学会 第42回全国大会(北九州国際会議場)(講演論文集 pp. 457–458.)
15:27
2017/08/19

学会発表

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
2017 IACATで発表しました。

Sumi, S., & Miyazawa, Y. (2017). Applying the graded response model for estimating the learning possibility score of L2 learners. 2017.8.19 at International Association for Computer Adaptive Testing (Toki Messe).
15:59
2017/07/24

LET 関西支部 メソドロジー研究部会

Tweet ThisSend to Facebook | by admin
以下のとおり,外国語教育メディア学会(LET)関西支部 メソドロジー研究部会で発表をしました。

住 政二郎・ドーマー ロバート・山脇 野枝・乗次 章子・工藤 多恵・和泉 緻香・海老原 由貴・デイヴィス 恵美・山田 一美 (2017.7.22). Automated Test Maker の Reading 授業への応用 『外国語教育メディア学会(LET)関西支部 メソドロジー研究部会 2017年度第1回研究会 (北海学園大学 豊平キャンパス)』

12:34
12345